【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】最も幸せな人は『3割』に満足する人だ(植西聰著)



【家は洩らぬ程、食事は飢えぬ程にて足る事なり】

「家にしても食事にしても、贅沢を言えばきりがない。

雨漏りをしない程度の家、ひもじくないほどの食事が体にいい」

というたとえで、我欲を抑え、多くを望まない生き方の大切さを説いています。

(中略)

同じ体験をしても、心が180度違ってしまうのです。

公私を含め、行動するときは、

「全部を期待するのはよそう。全部を望むのはよそう。3割楽しめれば十分」

と言い聞かせるようにするといいと思うのです。

→望みすぎに注意する

引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より



『あれも欲しい、これも欲しい、もっと欲しい、もっともっと欲しい』

上記の文章を読んで、頭の中に思い浮かんだのがこの歌詞です。


あるミュージシャンの曲の歌詞なんですが、一時期流行りました。

ドラマに使われていた曲なんですが、なんとも元気を貰えるような曲で、僕もとても好きでした。


この歌詞は、我欲の塊みたいな内容になっていますが(笑)。

でもまぁ、欲を言えばキリがないというのは、なんとなくわかりますね。


『あれも欲しい』

『これも欲しい』

『もっと欲しい』

『もっともっと欲しい』


ついつい、そうやって考えてしまいがちです。

今の生活を、客観的に見てみると、案外そう悪くはないような気がします。


家もあって、ご飯も食べられて、そこそこ健康な身体もある。

きっと世の中には、自分よりも大変な生活をしている人がたくさんいると思います。


でも、その人たちみんなが、不幸せに感じているかというと、そうでもないらしいです。

今の自分の生活にそこそこ満足し、そこそこ幸せに感じているようです。


日本は物には恵まれていますが、幸せに感じられる人は少ないような気がします。

もちろん、僕も含めて。


少しでも、3割満足に考えられるようになりたいものです。

そうすれば、今よりも幸せに感じられるのかもしれません。


では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました