【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】バラは花を見るべきで、トゲを見るべきではない(植西聰著)



【仁者は常に人の是を見る、不仁者は常に人の非を見る】

「賢い人はいつも他人のよいところを見て、評価する。

しかし、愚かな人はいつも他人の悪いところを見て、非難する」

ということを、この言葉は表しています。

(中略)

「あなたのここが素晴らしい」

と直接相手に伝えると同時に、本人のいないところでも同様の言葉を口にするよう心がければ、

それを聞く側はこう考えるようになります。

「この人はいつも他人のことをほめる。なかなか人間ができている」

と。

そういう人には、応援や協力をしてくれる人が多く集まります。

孤独に悩むこともなく、心だってプラスの状態が持続できるようになります。

欠点のない人など、一人もいません。

完璧な人間など、一人も存在しません。

他人の悪いところばかり見つめるよりも、よいところを見つめた方が、

自分の心をプラスにキープするうえでも得策なのです。

→長所探しをしよう

引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より



僕も他人の欠点ばかりに、目をやっているような気がします。

どうしてもそういうところが気になってしまいます、、、。


この本に書いてあるように、他人の長所に目をやった方が、自分としても良いのでしょう。

その人との関係も向上しそうだし、自分の気持ちも前向きになりそうです。


他人の欠点を見たところで、それを変えられるわけもありません。

自分自身だって、たとえ他人から言われたとしても、そうそう簡単に直せるものじゃないですからね(笑)。


他人にも、自分にも、欠点よりも長所に目をやるようにすれば、しあわせな人生になるような気がします。

他人の良いところ探し、やってみましょう。


では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました