【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】1日3回、行いを振り返れば反省点が見えてくる(植西聰著)



【われ日に三たび、わが身を省みる】

「人間は感情任せで考え、行動するところがある。

そのため、自分では気がつかないところで、謝った行動をとることがある。

これを防ぐには、1日3回、自分の行いを振り返ってみる必要がある。

そうすれば、至らぬ点や反省すべき点が見えてくる。

それを改善してこそ、真の人格者となる」

ということを、この言葉を表しています。

(中略)

要するに、自分をグローバルな観点から考察すれば、日頃の行動を見つめ直すことができ、

何に振り回されていたかが、よくわかるというのです。

→何度も反省する

引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より



ついつい、感情的にやってしまうことってありますよね。

後から考えると、

「何であんなことやっちゃったんだろう、、、」

と思うことが、多々あります(笑)。


冷静になってから考えると、どう考えても良くないことなのに、そのときはなぜかそれをしちゃってたんですよね。

夜中に食べるお菓子やジュースとかも、そういうものに含まれると思います(笑)。


感情的になってしまいそうなときは、自分の頭の中だけで考えず、第三者から自分を見てみると良いらしいです。

自分の視点を1メートルくらい斜め上に移動させるイメージで、そこから自分を見下ろす。


そして今、自分がしてしまいそうになっている状況を眺めてみる。

「おいおい、そんなことやっちゃっていいのかよ、、、だめだろ、絶対(笑)」

というように、自分を客観的に見ることができます。


たまにこうやってできることがありますが、そもそも感情的になり過ぎていることもあります。

そうすると、こういうことすら忘れちゃいますけどね(笑)。


こういうことも慣れというか、癖にするといいのかもしれませんね。

「感情的になる → 自分を客観的に見てみる」


自動的にこういうことができるように、何度もチャレンジしてみましょう。

そうすれば後から後悔することも減るかもしれませんね。


では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました