【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】相手の長所や取り柄を見つけて、評価しよう(植西聰著)



【人みな各々の得たる所、一つあるものなり】

「人には誰でも長所や取り柄といったものが、1つや2つある。

それを見つけて評価してあげれば、良好な関係を築くことができるようになる」

ということを表しています。

(中略)

人間には、一見すると短所のように思えても、使い方ひとつで長所に転化するというところがあるのです。

大切なのは、それを探し、認め、評価してあげることです。

そうすれば 「鏡のルール」 によって、相手も同様の態度をとるようになります。

→短所を逆用しよう

引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より



短所って、やっぱりすごく目につきますよね。

自分も、他人も。


「なんでこうなんだろう、、、」

「もっとこうすればいいのに、、、」

そう思うことは多々あります。


でも、きっとそれよりも多く、長所ってあるんじゃないかと思います。

それを自分が見つけられていないだけで。


もっと長所に目がいくようになれば、自分も他人もよりしあわせになるような気がします。

良い所探し。

それを癖にしてみたいものです。


では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました