2021-05

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】コツコツやることが、勝つコツだ(植西聰著)

​ 【万事初めは成し難けれども、功を積みて鍛錬すれば、上手になる】ここでいう「功」とは、努力のことです。つまり、「どんなことでも初めてのときは難しいが、努力して何度もやれば必ずうまくできるようになる」ということを、こ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】「できない」とは、ただやらないだけ(植西聰著)

​ 【何事も、ならぬといふはなきものを、ならぬというはなさぬなりけり】「何事も、できないということはない。できないというのは、ただやらないだけである。言い訳に過ぎない」ということを、見出しの言葉は表しています。(中略...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】ピンチに遭遇しても、プラスの方から見ればよい(植西聰著)

​ 【ひょうたんも、水に浮かべれば、船となる】ある金持ちが、長年支えてきた使用人に、ひょうたんの種をプレゼントしました。使用人がそれを育てたところ、人間の体の何倍もあるほど大きく実り、水筒や容器として使えなくなりまし...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】やるべきことを、先延ばしにしてはいけない(植西聰著)

【明日ありと 思う心の あだ桜、 夜半に嵐の 吹かぬものかは】 「桜の花を『明日じっくりと眺めよう』と思っていても、 夜中に嵐が吹いて、散ってしまうかもしれない。 そうなると、せっかくの楽しみも台無しになってしまう。 人生...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】一生楽しむコツは、「今」を楽しむことだ(植西聰著)

​ 【楽しみは、珍しき書、人に借り、始め一ひらひろげたる時】この歌は、『人生の楽しみの一つは、前々から読みたかった貴重な本を他人から借りて、第1ページ目を開いた瞬間にある』ということを表しています。(中略)ちょっとし...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】自分の仕事は、人々に感動を与えている(植西聰著)

​ 【一隅を照らす、これすなわち国の宝なり】一隅を照らすとは、「社会の片隅にいながら、社会の役立つ仕事をする」という意味です。わかりやすく言うと、「社会から注目されるような仕事をしていなくても、やるべき仕事に熱心に打...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】夢中になることがあると、心は清らかになる(植西聰著)

【精出せば、凍る間もなし、水車】 『寒い朝でも休みなく回る水車には、氷が張らない。 人も一生懸命仕事をしたり、何かに夢中になれば、マイナスのことを考えなくなる』 ということを、この言葉は表しています。 (中略) 人間、夢中...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】頭は覚えることで、心は忘れることで成長する(植西聰著)

​ 【見ざる、言わざる、聞かざる三つのさるよりも、思わざるこそまさるなりけり】(中略)端的に言うと、『心が不安になるマイナスのことは、見たり、しゃべったり、聞いたりすることよりも、考えないようにすることが一番大事であ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】時には口より耳をふさぐ方がためになる(植西聰著)

【人に言われたことを、そのまま受け取ってはならない。 その言葉の真意・出所を、しっかりと押さえなくてはならない】 この言葉は、 「他人の評価は必ずしも的を得ているとは限らないので、惑わされて心をマイナスに傾けてはならない」...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】悩みには「胸一杯分」という限度がある(植西聰著)

【一文で悩む人間には、一文分の悩みしかやってこない】 「悩みが生じても、悩みはその人の身の丈に合った程度のものにすぎない。 だから、必ず乗り越えられる」 と説いているのです。 (中略) 神様は、その人が乗り越えられない試練...
タイトルとURLをコピーしました