2021-06

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】1日3回、行いを振り返れば反省点が見えてくる(植西聰著)

​ 【われ日に三たび、わが身を省みる】「人間は感情任せで考え、行動するところがある。そのため、自分では気がつかないところで、謝った行動をとることがある。これを防ぐには、1日3回、自分の行いを振り返ってみる必要がある。...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】くだらないことに時間を費やす暇を、スキルアップに当てよう(植西聰著)

​ 【時を得る者は栄え、時を失う者は滅ぶ】「時間は有意義に使わなくてはならない。くだらないことで費やす時間を、自己成長やスキルアップなどに当てるべきである」ということです。(中略)オフタイムの時間を30分でも1時間で...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】自己成長に対する投資は、惜しんではいけない(植西聰著)

​ 【勉学で使う油は、惜しむな】「自己成長に投資するお金は生き金となるので、出し惜しみをしてはならない」ということを表しています。(中略)「生き金」と「死に金」の区別をしっかりとつけ、道理に合わないことやくだらないこ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】いつも学んでいる者は、決して衰えない(植西聰著)

​ 【小にして学べば、即ち壮にして為すことあり。壮にして学べば、老いて衰えず。老いて学べば、死して朽ちず】「若いときに何かに励めば、壮年になったときにそれが役に立って意義のある仕事を成し遂げられる。壮年になってからも...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】ほめ言葉には、人を味方にする力がある(植西聰著)

​ 【人を用ゆる道は、その長所を取りて、短所はかまわぬことなり】「人とつきあったり、人を使うにあたって、相手の長所を素直に認め、短所は無視することが大切だ」ということを表しています。この教えは、ものすごく大切です。短...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】バラは花を見るべきで、トゲを見るべきではない(植西聰著)

【仁者は常に人の是を見る、不仁者は常に人の非を見る】 「賢い人はいつも他人のよいところを見て、評価する。 しかし、愚かな人はいつも他人の悪いところを見て、非難する」 ということを、この言葉は表しています。...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】最も幸せな人は『3割』に満足する人だ(植西聰著)

​ 【家は洩らぬ程、食事は飢えぬ程にて足る事なり】「家にしても食事にしても、贅沢を言えばきりがない。雨漏りをしない程度の家、ひもじくないほどの食事が体にいい」というたとえで、我欲を抑え、多くを望まない生き方の大切さを...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】足るを知れば、永遠の幸せを得る(植西聰著)

​ 【鷦鷯森林に巣くうも、一枝に過ぎず】 分をわきまえて、必要以上のものを望まないことです。 代わりに、ちょっとしたことでも、ありがたく、うれしく思うことです。 「これで十分」 という知足の心...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】柔軟性は、どんな困難にも効く薬である(植西聰著)

​ 【上善は水の如し】「水のように生きることが、人間にとって理想的な生き方である。」ということを説いています。(中略)人間も同じです。柔軟性を養い、謙虚に振る舞い、大勢の人に恩恵をもたらす一方で、意思が強くなければい...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】我欲を持つと失敗する(植西聰著)

【九分は足らず、十分はこぼると知るべし】 「器に水を注ぐとき、九分目では足りないと思い、 十分目まで注ごうとすると水はこぼれてしまう。 人間の欲も同じで、際限なく求めることは危険である」 ということを、この言葉は表していま...
タイトルとURLをコピーしました