【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】コツコツやることが、勝つコツだ(植西聰著)



【万事初めは成し難けれども、功を積みて鍛錬すれば、上手になる】

ここでいう「功」とは、努力のことです。

つまり、

「どんなことでも初めてのときは難しいが、努力して何度もやれば必ずうまくできるようになる」

ということを、この言葉は表しています。

(中略)

初めのうちは、確かに大変でも、繰り返しやりつづけることで、何かをものにしてきているのです。

(中略)

初めのうちは、うまくできないのが当たり前です。

失敗して当然、うまくできたら儲けものだと思いましょう。

そう思えば、力みや緊張も取れるでしょうし、やる気と勇気と自信だって湧いてくるのです。

→初めの失敗を気にしない

引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より



新しい仕事になってしばらく経ちますが、やっぱり多少の失敗はあります。

今までとは全く違った業界に来たので、ほとんど何もわかりません。


発注する物品にしたって、その物の種類や大きさなど、多過ぎてどれを買えばいいのか、、、。

膨大なカタログギフトをめくりながら、そう思っています(笑)。

違ってたらどうしよう、そんな不安でいっぱいです。


会社が変わることはもちろん、同じ会社でも部署が変わるだけでも、そういったことは起こってきます。

今までとはやり方が変わるんですから、仕方のないことです。


でも、それでもコツコツとそこのやり方を覚えるしかありません。

一つ一つ覚えていって、慣れていくしか。


仕事が出来る、出来ないではないと思っています。

慣れているか、慣れていないか、たったそれだけの違いです。


慣れるまで、コツコツ続けましょう。

自分にもそう言い聞かせながら、今日も仕事へ行ってきます(笑)。


では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました