【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】困難に見舞われても、自然の流れに身を任す(植西聰著)



【水の流れのように生きれば、激流の水が大河へと転じるように、苦難もやがては消滅していく】

『困難や逆境がつきもので、避けて通ることができないなんて』

と抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、よく考えると、私たちはみんなこの言葉通りの人生を歩んでいるといえるのです。

(中略)

何かに向けて行動を起こすときは、自然に任せてしまえばいいのです。

行動を起こせば、大なり小なり障害はついてまわりますが、いちいち気にすることなく、自然の流れに身を任せてしまうのです。

そうすれば、いつしか逆境が順境へと転じるようになります。

行動を起こした分だけの成果が、必ず得られるようになるのです。

→困難な時は、流れに身を任せる

引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より



自然に身を任せられたら、どれだけ気が楽か、、、。

この文章を読んで、そう思いました。


多くの人は、頭では分かっていると思います。

この困難も、長くは続かない。


いつかは去って、そのうち忘れてしまう。

もしくは、友達との笑い話になってくれるはず。


ただ、その困難に直面している最中は、なかなかそれを実行できないような気がします。

目の前の問題に目が向きすぎてしまっていて、そんな考えがどこかにいってしまっています。


でも、だからこそ、こういった考えを常日頃から思いだせるようになっておいた方がいい。

きっと困難に直面したときに、自分のために役に立つ。


こういうのも、きっと慣れですね。

先日も、『慣れ』について書きました。


『慣れ』には、良いものと、そうでないものがあります。

プラスのことに慣れてしまって、ありがたさを忘れてしまう『慣れ』。

マイナスのことに慣れることで、平気になってしまう『慣れ』。

せっかくならこの『慣れ』を、良いように利用したいものです。


では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました