【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】人生に無理は不要、焦った人から落ちていく(植西聰著)



【跨ぐ者は行かず】

「大股で歩いている人間は疲れてしまうため、遠くまで行くことはできない」

という意味です。

遠くまで歩くのであれば、無理をしないで小股で歩くのが望ましい。

そうすれば、目的地に到着することができるということです。

転じて、

「願望を早くかなえようと、躍起になってはならない。

あくまでマイペースで無理のない範囲で、着実に一歩一歩前身していくことが大切になってくる」

ということを、この言葉は表しています。

→手近なことから始める

引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より



『こうなりたい!』

そう思うと、いち早くその状態になりたいと思うことがあります。


でも、そうなるにはいろいろとやらなければなりません。

それを頑張り過ぎると息が上がって、続けることができなくなります。

だからこそ、少しずつ、無理のない範囲で続けることが大切なんだと思います。


たとえば、

『1000万円欲しい!』

と思ったとします。


そのために無理な節約をして、1円、10円も使えなくなってしまうと、とてもじゃないけど続けられません。

毎食をもやしにしたら、それはかなりの節約になるでしょう。


でも、もやししか食べない生活をずっとずっと続けることは不可能です。

精神的にもそうですが、健康面でも崩れてしまいます。


まずは手近なことから、たとえばスマホを格安SIMにするとかですかね。

これなら簡単だし、その後は特にすることはないです。


今まで毎月8000円くらいかかっていた人でも、2000円くらいで済むようになります。

この差6000円の積み重ねが、1000万円という目的に近づく第一歩となります。


無理せずに、一歩ずつ。

地道にやっていきましょう。


では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました