【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】我欲を持つと失敗する(植西聰著)



【九分は足らず、十分はこぼると知るべし】

「器に水を注ぐとき、九分目では足りないと思い、

十分目まで注ごうとすると水はこぼれてしまう。

人間の欲も同じで、際限なく求めることは危険である」

ということを、この言葉は表しています。

(中略)

人間の欲にはキリがないことを認識し、自分の分をわきまえることです。

必要以上を望まないように心がけましょう。

そうすれば、幸運が不運に転じることもなくなりますし、

心だっていつまでも、プラスの状態がキープできるというものです。

→歯止めとつくろう

引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より



欲というのは、ときどき難しいなと感じます。

欲があるから頑張れるときもありますが、欲があり過ぎると破滅します。


僕は以前、ゲームセンターにハマっていたことがあります。

子どもの頃にやったことがほとんどなくて、ついつい楽しくてハマってしまいました。


あの景品が欲しい、このお菓子も欲しい。

そうやってどんどんどんどんお金を使い、いつの間にか数万円を使ってしまっていました。


もしかしたら、10万円くらいいっていたのかもしれません(笑)。

大人買いに近いものがあるのかもしれませんが、欲の怖さを知りました。


欲も適度に、ほどほどに。

そう思いました(笑)。


では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました