【歩くとなぜいいか?】目次1(大島清著)

第1章 「歩くこと」は趣味の王さまだ

 

現代人は、こんなに歩かなくなった! 16

 

「歩くことはそれだけで喜びになる」ことを知っていますか? 20

 

さっそうと歩く人は、「気持ち」の背筋もグーンと伸びる 23

 

やり方一つで、仕事に「歩く趣味」を取り込める 26

 

歩く趣味に「運動神経」はいらない 30

 

歩く趣味は、「時間」も「場所」も選ばない 33

 

「歩く趣味」から、ほかの趣味がどんどん生まれる 36

 

室内派も「歩く趣味」なら気軽にできる 40

 

ゴルフは下手でも「歩ける」ところがいい 42

 

歩く趣味で体も脳もグングン若返る 44

引用:歩くとなぜいいか?(大島清著)より

歩くことを始めて、およそ8年。

 

最初に歩き始めた理由は、引きこもっていたので外の空気を吸うためだけでした。

 

それが今は、歩いていない日はソワソワするくらいに(笑)。

 

歩いていると、いろんなことを考えます。

 

楽しいことや辛いこと、良いことや悪いことまで、いろいろと。

 

そして、いろんなことを感じます。

 

暑さや寒さ、音や景色まで、いろいろと。

 

そういったところが、僕は好きなんだと思います。

 

そして楽しいんだと思います。

 

楽しいから好きだし、好きだから続けられている。

 

歩いたって何も意味ないよ、という人がいるかもしれません。

 

でも、少なくとも僕は、8年間歩き続けたことで人生が大きく変わりました。

 

楽しいときはもっと楽しく、辛いときはその辛さが和らいだりしました。

 

そうやって、少しづつどん底だった人生が良くなっていきました。

 

これからも歩き続ける限り、きっと人生が良くなり続けられると信じています。

 

少しづつですが。

 

ぜひ、みなさんも歩いてみてください。

 

10分でも、20分でも、30分でも。

 

きっと続けていれば、良い方向に人生が変わっていきます。

 

では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました