【歩くとなぜいいか?】目次3(大島清著)

第3章 「歩く技術」を学ぼう

 

歩くと気持ちいい「時間帯」を知ろう 82

 

最初は無理をせず、三十分ぐらいを目安にする 85

 

慣れたら四十分から一時間は歩きたい 88

 

いきなり歩き始めると、リスクが大きい 91

 

「脳」に刺激が伝わるように歩く方法 93

 

歩くスピードを途中で変えると、脳が活性化する 96

 

正しい姿勢で歩くと「腰痛予防」になる 98

 

上手に歩くことは、上手に呼吸することでもある 101

 

歩数計を上手に使おう 103

 

時には思いついたように「遠出」しよう 106

 

自分に合った靴とは「歩きたくなる靴」のこと 109

 

ウォーキングの基本は、無理なく元気に歩き続けること 112

引用:歩くとなぜいいか?(大島清著)より

みなさん、歩かない日ってないですよね?

 

そんなに歩いてないなっていう日でも、通学や出勤、買い物のためなどのために多少は歩いているはずです。

 

ただ、ウォーキングはそういったことのために歩くこととは、違っていると思います。

 

何かの用事などのために歩くのではなく、気持ち良いから、楽しいから歩くのかなと。

 

歩くことって、ほとんど誰にでもできます。

 

歩き方を教えてもらわないと、歩けないなんていう人はいないでしょう。

 

正しい歩き方とか、健康的な歩き方など、その道のプロに教わっている方もいるかもしれませんが(笑)。

 

基本的に、誰に教わるでもなく、誰でも普通に歩くことはできます。

 

でも、ウォーキングをしている人って、どのくらいいるでしょうか?

 

朝でも昼でも夜でも、気持ち良いから歩く、楽しいから歩く、そういった目的のために歩く。

 

誰でもできることですが、意外とそれをしていない人は多いように思います。

 

僕も8年前までは、ウォーキングなんてしたことありませんでした。

 

しようとすら考えたことはなかったです。

 

でも、今は朝に歩くことが普通になっています。

 

ちょっとずつ習慣にしていくと、続けることも大変ではなくなってきます。

 

まずは明日の朝に、10分だけでもいいから歩いてみませんか?

 

そこから歩くことの気持ちよさを、楽しさを、発見できる第一歩だと思います。

 

では、またー🐳

コメント

タイトルとURLをコピーしました