【こころがホッとする考え方】ミスした後の対処が肝腎(すがのたいぞう著)

何かをするときに失敗はつきものである。 少なくとも、いつだって失敗する可能性はある。 しかし、そのリスクを怖れていては行動することはできない。 そこで、「『失敗は成功のもと』という格言もあることだし、積極的に何でもやってみなさい」と言って...

【こころがホッとする考え方】転んでもただで起きるな(すがのたいぞう著)

「七転び八起き」悪いことがあっても必ずいいことがあるという喩えである。古今東西こうした喩えは枚挙にいとまがない。私たちも、何か悪いことがあったときには、これを運用して自分の気持ちを立て直していることが多い。 (中略) どんな状況であっても...

【こころがホッとする考え方】悩みの中にある甘え(すがのたいぞう著)

抑うつ的になっている人というのは、当然仕事に対してもあまり意欲を持てないものである。ときに、「仕事をやっているのではなく、やらされている感じがする」という発言に出会うことがある。このような思いは、仕事がおもしろくないと感じている人の多くが...

【こころがホッとする考え方】人の心は悩みやすくできている(すがのたいぞう著)

人は誰でも嫌なことや不快なことは考えたくない。しかし、そう思っているのに考えてしまうことがある。考えたくないと思えば思うほど、考えてしまうときもる。このような観念は強迫観念と呼ばれている。(中略)脅迫的な観念といっても、それもまた人の心の...
タイトルとURLをコピーしました