【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】我欲を持つと失敗する(植西聰著)

【九分は足らず、十分はこぼると知るべし】 「器に水を注ぐとき、九分目では足りないと思い、 十分目まで注ごうとすると水はこぼれてしまう。 人間の欲も同じで、際限なく求めることは危険である」 ということを、この言葉は表していま...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】人生に無理は不要、焦った人から落ちていく(植西聰著)

​ 【跨ぐ者は行かず】「大股で歩いている人間は疲れてしまうため、遠くまで行くことはできない」という意味です。遠くまで歩くのであれば、無理をしないで小股で歩くのが望ましい。そうすれば、目的地に到着することができるという...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】小さなものから、大きなものを願う(植西聰著)

​ 【隗より始めよ】わかりやすく言うと、「遠大なことを行うためには、まず手近なことから始めるとよい」ということを表しています。(中略)その内容が大きなものなら、まずはベースとなる等身大の願望からトライしていうことが大...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】願望を得るには、犠牲を払うことだ(植西聰著)

​ 【沐する者は髪を棄つるあり、除する者は血肉を傷る】沐するとは「入浴する」、除するとは「手術を受ける」という意味です。わかりやすく説明すると、「入浴して髪を洗うときは、ある程度髪の毛が落ちるのを覚悟しなければならな...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】行動力が勝負を決める(植西聰著)

​ 【なすべきことを知りながら、それを行わない者は、知らないで行わない者よりも劣る】こうすれば願望達成のチャンスがつかめるかもしれない、とわかっているにもかかわらず行動を起こさない人は、成功できません。そのことを、こ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】小さなことの積み重ねが、勝利をもたらす(植西聰著)

​ 【大事をなそうと思うなら、小事を怠るな】端的に言うと、「取るに足らないことの小さな積み重ねが、願望の実現につながる」ということを表しています。(中略)あらゆる願望は、取るに足らない些細な要素から成り立っています。...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】時間を有効に使う人が、人生に成功する(植西聰著)

​ 【いたずらに 過ごす月日の 多けれど、道を求める 時ぞ少なき】この言葉は、「人間はともすれば、あれやこれやとマイナスの思いにとらわれ、無意味なことで時間を費やしてしまいがちだ。しかし、やるべきことがあるなら、それ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】願望達成には、時間が必要(植西聰著)

​ 【達磨九年、仏六年】「何かを成し遂げるためには、ある程度の時間もかかるし、労力も費やさなくてはならない」ということを、説き明かしています。(中略)なりたい自分をイメージしても、一足飛びになれる人は存在しません。あ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】人の意見に惑わされない(植西聰著)

​ 【燕雀いずくんぞ、鴻鵠の志を知らんや】燕雀とはツバメやスズメといった小鳥、鴻鵠とはワシやタカといった大きな鳥のことをいいます。「地面で虫をついばんでいる小鳥たちには、大海原に向けて飛び立とうとしている大きな鳥の志...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】憧れるばかりだと失敗する(植西聰著)

​ 【水は船を乗せ、水は船を覆す】「物事にはすべてに一長一短があり、利点ばかりとは限らない」ということを表しています。(中略)願望のデメリットをあらかじめ知っておけば、その願望が自分にとって本当に好ましいものかどうか...
タイトルとURLをコピーしました