【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】どんな困難も長くは続かない。やがて平和が訪れる(植西聰著)

​ 『飄風は朝を終えず、驟雨は日を終えず】飄風とは、激しい突風のことをいいます。どんなに吹き荒れても、翌日の朝まで続くことはありません。驟雨とは、ゲリラ豪雨のような大雨のことです。どんなに降ろうとも、夜半には止みます...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】困難に見舞われても、自然の流れに身を任す(植西聰著)

​ 【水の流れのように生きれば、激流の水が大河へと転じるように、苦難もやがては消滅していく】『困難や逆境がつきもので、避けて通ることができないなんて』と抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、よく考えると、私たちはみん...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】つらい出来事の後には、うれしい出来事がくる(植西聰著)

​ 【禍福は、あざなえる縄のごとし】この言葉は、『幸と不幸は、よりあわせた縄のようなもので、不幸の後には幸福が来て、幸福の後には不幸がやってくる』ということを表しています。(中略)ポジティブに考えていれば、つらい出来...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】不安なこともやってみれば、なんてことはない(植西聰著)

​ 【幽霊の、正体見たり、枯尾花】「不安、心配、恐怖も、案外大したことがなかったりするものである」ということを表しています。言い換えると、不安や心配や恐怖といったものは、その人の取り越し苦労である場合が多いということ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】楽ばかりしていると、災難にあったとき敗北する(植西聰著)

​ 【災難は、楽をして生きようとする輩を好む】この言葉は、「現状に満足して、安楽椅子に腰かけていると、災難がやってきたときに打ち勝てなくなる」ということを表しています。(中略)日頃からスキルアップに努めていれば、困難...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】失敗は、尊い経験になる(植西聰著)

【失敗は尊い人生塾のようなもの。塾で学ぶからこそ、その人間は磨かれるようになる】 「何かをやろうとするとき、つきものなのが失敗だ。 しかし、失敗はごくごく当たり前の現象で、必ず起こるものだと思った方がいい。 問題は、失敗か...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】コツコツやることが、勝つコツだ(植西聰著)

​ 【万事初めは成し難けれども、功を積みて鍛錬すれば、上手になる】ここでいう「功」とは、努力のことです。つまり、「どんなことでも初めてのときは難しいが、努力して何度もやれば必ずうまくできるようになる」ということを、こ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】「できない」とは、ただやらないだけ(植西聰著)

​ 【何事も、ならぬといふはなきものを、ならぬというはなさぬなりけり】「何事も、できないということはない。できないというのは、ただやらないだけである。言い訳に過ぎない」ということを、見出しの言葉は表しています。(中略...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】ピンチに遭遇しても、プラスの方から見ればよい(植西聰著)

​ 【ひょうたんも、水に浮かべれば、船となる】ある金持ちが、長年支えてきた使用人に、ひょうたんの種をプレゼントしました。使用人がそれを育てたところ、人間の体の何倍もあるほど大きく実り、水筒や容器として使えなくなりまし...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】やるべきことを、先延ばしにしてはいけない(植西聰著)

【明日ありと 思う心の あだ桜、 夜半に嵐の 吹かぬものかは】 「桜の花を『明日じっくりと眺めよう』と思っていても、 夜中に嵐が吹いて、散ってしまうかもしれない。 そうなると、せっかくの楽しみも台無しになってしまう。 人生...
タイトルとURLをコピーしました