【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】友人を励ますように、自分自身を励ませ(植西聰著)

​ 【大行は細瑾を顧みず】ここでいう『大行』とは、前を向いて積極的に生きる人という意味です。『細瑾』とは、天井から雨漏りがしたり、ボヤで床を少し焦がしたときというような、ちょっとした被害のことをいいます。天井を修理す...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】小さなことでクヨクヨしない(植西聰著)

【小さなことでクヨクヨしない】  『大事を思い立つ者が、小事にかかわることなかれ』  「大きなことを成し遂げようとするなら、小さなことを気にしてはいけない。 できることも、できなくなってしまう。  小さなことでクヨクヨする...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】人生は、雨後に虹を見るか泥を見るかだ(植西聰著)

【何かが身に降りかかったら、春が、夏が、秋が、冬が、やってきたと思えばいい】  「人生も同じだ。  何かが身に降りかかったら、難点ばかりとは限らない。 何かしらの利点がある。  だから、マイナスの現象に思えても、悲嘆に暮れ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】人生は考え方一つで、明るくも暗くもなる(植西聰著)

​ 【それ浄土というも、地獄というも、外には候はず、ただ我らが胸の間にあり】「極楽とか地獄というものは、自分を取り巻く環境や境遇といった外部にあるのではない。心の内にある。ものの考え方一つで、極楽にもなれば地獄にもな...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】自分を変えるには、気分を変えれば簡単(植西聰著)

​ 【居は気を移す】ここでいう「居」とは、新しい土地や家のことをいいます。この言葉は、「新しい土地や家に移れば、気分がリフレッシュする」という観点から、気分転換の重要性を説いています。これは、マイナスに傾いた心をプラ...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】不満になったら、恵まれて生きていることに感謝せよ(植西聰著)

​ 【おのれの得るところを軽んずるなかれ】「人生に不足や不満はつきもののように思えるが、恵まれて生きていることは忘れがちである。心が不満でいっぱいになったら、そのことを思い出すことが重要だ」ということを、この言葉は表...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】何か得意なものを持てば、困難を乗り越えられる(植西聰著)

​ 【一灯を下げて暗夜を行く、暗夜を憂うることなかれ、ただ一灯を頼め】ここでの一灯とは、「私にはこれがある」と思えるもののことをさします。わかりやすくいうと、「『私にはこれがある』という得意なものが何か一つで...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】欠点は、恥ではなく個性である(植西聰著)

​ 【短所も裏側からのぞけば、長所となる】「人間の性格には、二面性がある。したがって、短所と思っていることが、その人の魅力や長所になったりする場合がある」ということを、この言葉は表しています。(中略)他人から「あなた...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】ちょっとくらいの失敗では、命までは取られない(植西聰著)

​「粗相があったからといって、別に命まで取られるわけではない」たとえば取引先からクレームが来ただけで、次のように考える人が少なくありません。「もう、あそことは取引できない。責任を問われて、会社からマイナスの査定を下されたら...

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】がんばりすぎるとうまくいかない(植西聰著)

頑張るだけが能じゃない 何事もほどほどに がんばってもうまくいかないときや、スランプに陥ったとき、たいていの人はものすごく気が休まらない状態がつづきます。 それでもがんばろうとすると、張りつめていた緊張の糸がプツンと切れ、ドーンと落ち込ん...
タイトルとURLをコピーしました