【歩くとなぜいいか?】やり方一つで、仕事に「歩く趣味」を取り込める(大島清著)

意識して歩けば、それだけで歩くことが趣味になる。 たとえば会議中、急に足りない書類が出てきて、一つ上のフロアに取りにいかなくてはならなくなったとしよう。 いつ来るかわからないエレベーターを待つか階段を駆け上がるか。 会議が進行中ということ...

【歩くとなぜいいか?】さっそうと歩く人は、「気持ち」の背筋もグーンと伸びる(大島清著)

一日に数千歩しか歩かないと、やがて足腰が弱ってしまう。 弊害はそれだけではない。 足腰が弱ると気持ちまで弱ってしまう。 「歩くこと」と「気持ち」は連動している。 最後のひとがんばりができない人や、物事を簡単に諦めてしまう人、ちょっとしたト...

【歩くとなぜいいか?】「歩くことはそれだけで喜びになる」ことを知っていますか?(大島清著)

わたしたちはもともと歩くことが嫌いではない。 というより、わたしたちの脳は歩くことに喜びを感じるようにできている。 歩いているとき、脳は活発に動いている。 (中略) 歩くことは本能に根ざした快感であり、快感に包まれるとき脳は活発に動いてい...

【歩くとなぜいいか?】現代人は、こんなに歩かなくなった!(大島清著)

現代人は意外に歩いていない。 歩いていると思っている人でも一日七千歩くらいしか歩いていない。 極端な例では一日数百歩しか歩いていなかったという人さえいる。 (中略) 一日一万歩歩くためには「歩こう」という意識がいる。 さらに三万歩まで増や...

【歩くとなぜいいか?】目次5(大島清著)

第5章 「目」で歩き、「耳」で歩く ゆっくり道を歩くのが「遊び」の起源だ 150 やってみるとわかる!早朝散歩のおもしろさ 152 知らない町を歩き、路地に迷う楽しみ 156 都会歩きのコツ 159 「春の小川」は歌いながら歩こう 161...

【歩くとなぜいいか?】目次3(大島清著)

第3章 「歩く技術」を学ぼう 歩くと気持ちいい「時間帯」を知ろう 82 最初は無理をせず、三十分ぐらいを目安にする 85 慣れたら四十分から一時間は歩きたい 88 いきなり歩き始めると、リスクが大きい 91 「脳」に刺激が伝わるように歩く...

【歩くとなぜいいか?】目次1(大島清著)

第1章 「歩くこと」は趣味の王さまだ 現代人は、こんなに歩かなくなった! 16 「歩くことはそれだけで喜びになる」ことを知っていますか? 20 さっそうと歩く人は、「気持ち」の背筋もグーンと伸びる 23 やり方一つで、仕事に「歩く趣味」を...

【歩くとなぜいいか?】まえがき(大島清著)

本書の内容 ・歩くことはそれだけで喜びになる ・歩く趣味に「運動神経」はいらない ・最初は無理をせず、30分ぐらいを目安にする ・歩くと、脂肪がよく燃えてやせられる ・やってみるとわかる!早朝散歩のおもしろさ ・耳を澄ませば、気持ちいいい...

【歩くとなぜいいか?】歩くとなぜいいか?(大島清著)

人ななぜ歩くのだろうか? ダイエットのため? 生活習慣病予防のため? いや、「歩くことが楽しいから」である。 歩けば、その結果としてダイエットになり、足腰が丈夫になり、病気を予防するのである。 本書では、歩くことの楽しみ方から、脳を刺激す...

【こころがホッとする考え方】おわりに(すがのたいぞう著)

この本を読んでいただいて、考え方や見方を少し変えてみるだけで、だいぶ心の余裕が違ってくる、ということがおわかりいただけたのではないだろうか。 たとえば簡単な話、さほど贅沢なことを望まなければ、だいたいはどうにかなっていると思えるものなのだ...
タイトルとURLをコピーしました