自殺

【小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉】友人を励ますように、自分自身を励ませ(植西聰著)

​ 【大行は細瑾を顧みず】ここでいう『大行』とは、前を向いて積極的に生きる人という意味です。『細瑾』とは、天井から雨漏りがしたり、ボヤで床を少し焦がしたときというような、ちょっとした被害のことをいいます。天井を修理す...

【歩くとなぜいいか?】目次1(大島清著)

第1章 「歩くこと」は趣味の王さまだ 現代人は、こんなに歩かなくなった! 16 「歩くことはそれだけで喜びになる」ことを知っていますか? 20 さっそうと歩く人は、「気持ち」の背筋もグーンと伸びる 23 やり方一つで、仕事に「歩く趣味」を...

【歩くとなぜいいか?】まえがき(大島清著)

本書の内容 ・歩くことはそれだけで喜びになる ・歩く趣味に「運動神経」はいらない ・最初は無理をせず、30分ぐらいを目安にする ・歩くと、脂肪がよく燃えてやせられる ・やってみるとわかる!早朝散歩のおもしろさ ・耳を澄ませば、気持ちいいい...

【歩くとなぜいいか?】歩くとなぜいいか?(大島清著)

人ななぜ歩くのだろうか? ダイエットのため? 生活習慣病予防のため? いや、「歩くことが楽しいから」である。 歩けば、その結果としてダイエットになり、足腰が丈夫になり、病気を予防するのである。 本書では、歩くことの楽しみ方から、脳を刺激す...

【こころがホッとする考え方】おわりに(すがのたいぞう著)

この本を読んでいただいて、考え方や見方を少し変えてみるだけで、だいぶ心の余裕が違ってくる、ということがおわかりいただけたのではないだろうか。 たとえば簡単な話、さほど贅沢なことを望まなければ、だいたいはどうにかなっていると思えるものなのだ...

【こころがホッとする考え方】チャレンジ精神を忘れずに(すがのたいぞう著)

先にスキーは精神衛生上よいものであると推奨したが、「とにかく寒いのは嫌だ」などと、やらない言い訳をする人がいるものである。 あるいは、「趣旨はわかるが、そんなものはやったことがない」「この年でいまさらできるか」という声も聞こえてきそうだ。...

【こころがホッとする考え方】目標よりも「志」を(すがのたいぞう著)

スポーツ界に限らず、どのような仕事や立場にあっても、この「志」がなければ淋しい。 大学に行くこと、仕事に就くこと、結婚することなど、現世的な目標は果たしたものの、それ以降は不全感に悩まされることになるだろう。 しかし、どのような状況にあっ...

【こころがホッとする考え方】「何とかなる」が勇気をくれる(すがのたいぞう著)

よく「清水の舞台から飛び降りるつもりで」と言うが、そうそうそんな高いところから飛び降りられるものではない。 (中略) 人前で自分を出すことを怖れる。 失敗するのではないだろうか、無様な姿をさらすことになるんじゃないだろうか、そんなことがい...

【こころがホッとする考え方】まずは外側から変えてみよう(すがのたいぞう著)

よく「人間は中身だ!」なんてことを言う人がいる。 こういうことを偉そうに言う人にかぎって、いかにも中身がなさそうな感じなので、「そう言うあなたはどうなんですか?」と皮肉りたくもなるものである。 私たちは「自分を変えよう」とか「変えたい」と...

【こころがホッとする考え方】何でもやってみなければわからない(すがのたいぞう著)

人には「向き不向き」というものがある、と言われる。 つまり人には適正と呼ばれるものがあって、多くの人は「これは私には向いてない」とか「これは私に向いている」と考えているのである。 (中略) 「適正がわからない」というのは、「適正がない」と...
タイトルとURLをコピーしました